秘伝チャート

2012年勝ち組み投資マニュアル

 

●総論
2012年の勝ち組投資マニュアルでは、相場の予測について解説されていました。

 

2013年版では、この予測を元に的確な利益の出し方について解説されています。

 

予測は正しいけど、損失する人もいますし利益を積み重ねることができる人もいます。

 

2013年版を読むと、この違いが明確に分かります。

 

そして、適切なエントリータイミングや利益確定・ロスカットそして正しいポジション量の持ち方などが理解できます。

 

FXをやっているけどあまり利益が出ないという方も絶対に読んでおきたい内容になっています。

 

理想としては、2012年版を読んでから2013年版を読むほうが良いと思います。

 

しかし、2013年版ではトラリピでの自動売買の具体的な方法もキモになってくるので裁量トレードよりもトラリピでコツコツと自動売買を成功させたい方には2013年版を最初に読むのもありかと思います。

 

秘伝チャートの作成方法は2012年版にしか書かれていないのでそこは注意が必要です。

 

 

●対象者
初心者〜上級者

 

裁量トレードで十分な成果を上げている人にとっても、トラリピの自動売買方法はかなり参考になると思います。

 

また、これからFXを始める人で時間が毎日それほどとれないという方にとってもトラリピの手法はお勧めです。

 

初心者から上級者まで参考になるのが2013年版勝ち組投資マニュアルだと思います。

 

 

 

●トレードスタイル
秘伝チャートを利用する方法であれば、中期・長期がお勧めとなります。

 

トラリピや日経225などは自動売買をベースにしているのでスタイルは特にこだわる必要はないかと思います。

 

基本的に、一日に何回も取引をするようなデイトレーダー向けではないとは思います。

 

2013年版勝ち組投資マニュアルの詳細はこちら>>

 

 

-----------------------------------------------------------------------------
■第1章 為替王オリジナル2013 年世界経済の見通しと対策
〜円高は続くのか、円安に振れるのか? 為替王が2013 年をズバリ予想〜

 

 

【01】なぜ円高が続くのか?
【02】ドル安・円高の理由がハッキリわかるグラフ(図表入りのページ)
【03】円高の終わりを予想する
【04】為替王独自アメリカ景気予想1 米景気変動、NY ダウ株価を読む(図表入りのページ)
【05】為替王独自アメリカ景気予想2 世界不況を招いた原因と現状を徹底解明(図表入りのページ)
【06】2013 年の豪ドル金利を予想する(図表入りのページ)
【07】イギリスの復活は近いか?(図表入りのページ)
【08】欧州ユーロ危機は終わったか?(図表入りのページ)
【09】2012 年、不敗だったスイスフラン攻略法(図表入りのページ)
【10】トルコリラ長期低迷要因、2013 年上昇の兆し?(図表入りのページ)
【11】為替王イチ押しニュージーランド、2013 年は強気継続? それとも?(図表入りのページ)
【12】南アフリカが利上げできなかった理由(図表入りのページ)
【13】リーマン危機よりもヤバい中国? 中国バブル崩壊の本番はこれから?(図表入りのページ)
【14】中国バブル崩壊懸念、それでも人民元は買いか?(図表入りのページ)
【15】韓国株、2013 年暴落説とは?(図表入りのページ)
【16】もし日銀が何もしなかったら、どこまで円高になる?(図表入りのページ)

【17】もし安倍政権で金融緩和をしたら、米ドル円はどこまで円安になる?(図表入りのページ)
【18】急騰が終わって保ち合いの金相場、2013 年の攻略法(図表入りのページ)
【19】銀相場の重要ポイント(図表入りのページ)
【20】原油価格は下がらない?(図表入りのページ)
-----------------------------------------------------------------------------

 

第1章のキモは公表されている各指標からどのように為替相場を読んでいくかが具体的に示されていることです。

 

円高の理由となる3つの原因が明快に書かれています。これを見ると世界情勢的に円高傾向なのは仕方がないことなのかなと思えます。

 

そして、ドル円の関係でいうとなぜ円高傾向かもはっきりと分かります。

 

それだけでなく、ある指数との相関関係が驚くほど高いことも解説されています。

 

今日の明日で為替の傾向を考えるのは難しいですが、中期・長期的にドル円の関係を探るにはとても参考になる指数の見方が分かりました。

 

そして、もうひとつの指数を見ることにより、さらに確実に円高を抜け出す傾向がみえることも分かります。

 

さらに、アメリカの景気動向についてトレンドを把握できる見方もかなり勉強になります。

 

リーマンショックがかなり大きな影響を与えたのは事実ではありますが、実はその前から米国の景気は後退気味であることがこの指標でも明らかでした。

 

つまり、リーマンショックが起こらなくてもある程度の景気後退は見抜けたので、個人投資家レベルでも対応の仕方は十分にあったということになります。

 

そして、今後の豪ドル・イギリスポンド・ユーロ・スイスフラン・トルコリラ・ニュージーランドドル・南アフリカランド・中国元などにつきましても重要な指標の見方を参考にすることで為替相場を中期・長期的に予測することができると思います。

 

また、金、銀、原油価格についてもある指標が意外と相関していることも勉強になりました。

 

2013年版勝ち組投資マニュアルの詳細はこちら>>

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------
■第2章 為替王直伝! 自分の力で稼ぐFX 裁量トレードの極意
〜いつまでも口座残高が増えないあなたを手取り足取りサポート!売買ノウハウを伝授〜

 

 

【01】なぜ、予想が当たるのか?
【02】FX トレーダーとして成功できる人、成功できない人
損切り
【03】ロスカットの設定方法
【04】実戦でよくロスカットにひっかかる場合の対応策
   【 コーヒーブレイク】FX 裁量トレード、収益目標は年間どれくらい?
【05】日中のロスカット
   【 コーヒーブレイク】 損切りは落ち着いて
【06】昔、高値で買ったポジション、円高で含み損拡大。どうしたらいいでしょうか?
利益確定
【07】ターゲットに到達しそうで届かない時の対策
【08】安定した利益を確保する画期的な戦術
【09】秘伝チャートを逆張りに使う驚きの実戦テクニック
   【 コーヒーブレイク】 秘伝チャートの逆張り利用 
【10】秘伝チャートのシグナル点灯前に攻めるトレード
【11】裁量トレードにおける、両建て戦法

エントリー
【12】エントリーのタイミングの悩み
【13】ラクな気持ちで新規ポジションを取れる方法 
【14】ユーロ円とユーロドルのシグナルが正反対の時の対処法
【15】2 種類のチャートのシグナル活用法
【16】連続するシグナルのトレード方法 
   【 コーヒーブレイク】FX で成功する人、精神論3カ条
ポジション量
【17】裁量トレードでお金持ちになれる人と、なれない人の違い
【18】FX トレード、資金が増えない人のための緊急対策
【19】FX 裁量トレードで、3つの不適切 
   【 コーヒーブレイク】FX の損切り、一瞬のためらいを克服する
【20】ダマシの判定と対策 
裁量トレード支援
【21】どんな通貨ペアを取引すればよいか?
【22】実戦トレード重要ポイントまとめ

【23】マイナススワップ、売りトレードしていいのか?
【24】デイトレーダーのための投資マニュアル活用術
   【 コーヒーブレイク】 一旦トラリピで基礎固め
【25】FX デイトレ、スキャルピングの悩み相談
   【 コーヒーブレイク】 到達確率について
【26】秘伝チャートの個別株適用
   【 コーヒーブレイク】 秘伝チャートと売買ジャッジの優先順位
【27】FX、法人・個人どっちが有利?
【28】なぜFX で一生懸命頑張っているのに結果が出ないのか?
【29】連敗で苦しい時
-----------------------------------------------------------------------------

 

この章のキモはポジショニングとなります。

 

2012年版の勝ち組投資マニュアルでは、相場の的確な予測の仕方を学ぶことができました。

 

そして、ここではその予想をもとにしての的確な利益の出し方もしくは損失の防ぎ方について学習することができます。

 

まずは、ロスカット。

 

この章を見て思えたのは、負けることも日常の一つなんだということでした。

 

プロでさえも、連戦連勝は無理です。

 

ロスカットをすることは多々あります。

 

ただ、プロというかFXで確実に資産を築きあげる人とそうでない人の違いはリスクコントロールにあることがわかります。

 

つまり、期待できるリターンと想定リスクをしっかりと計算しているのです。

 

なので、たとえロスカットになったにせよ淡々と次のトレードができるのです。

 

この辺の計算方法や気の持ちようなどはとても勉強になりました。

 

特に、初心者の方の場合は勝たなければならないという気負いがあるかもしれません。

 

しかし、負けてもいいということが分かるだけでもトレードに質の違いが出てくると思います。

 

それから、含み損を抱えてしまった場合の対処方法もいくつか解説されています。

 

これだけでもかなりの参考になると思います。

 

続いて利益確定。

 

チャートを元に予測して、その方向に順調に進んでもターゲットまで絶対に届くかどうかは不安になることも多いと思います。

 

そういう場合の取るべき戦術についてしっかりと解説されています。

 

一発でドカーンと利益を狙っていくのもありといえばありですが、ここでは安定した利益を確保していく方法が説明されていて勉強になります。

 

また、秘伝チャートは基本的に順張り狙いを目的としていますがここでは逆張りの仕方や両建て先方についても説明がされています。

 

基本的に、初心者の場合は逆張りや両建ては避けたほうが良いようです。

 

つづいて、エントリーのタイミング。

 

実は、これが結構難しかったりします。

 

売りなり買いなりのシグナルが出ても直ぐに対応できればいいのですが、ちょっとした時間差で一時的に値が崩れていることも多々あります。

 

このような場合は何を基準にして考えてエントリーするべきかまたは、見送るべきかが示されています。

 

さらに、迷った場合などでも楽な気持ちで新規ポジションをとれる方法やユーロ円とユーロドルのシグナルが正反対の時の対処法そして、2種類のチャートのシグナル活用法なども詳細に解説されているので、エントリーのタイミングの取り方にはかなり参考になると思います。

 

 

つづいて、ポジション量。

 

ここは、かなりのキモになります。

 

同じタイミングでエントリーしてもポジション量の持ち方により利益につながる人もいれば、損失を出してしまう人もいるからです。

 

ここのキモについての対策がしっかりと説明されているので、秘伝チャートを使ってトレードしているのになかなか利益がたまらない人にはかなり勉強になると思います。

 

FX裁量トレードでは、以下の3つの不適切をしっかりと見直す必要があることが分かります。

 

・ポジション量
・リスク分散
・損切り、利益確定

 

また、これら以外にもダマシの判定と対策や通貨ペアの選び方と分散方法さらには、秘伝チャートの個別株への適用方法なども解説されているので参考にできると思います。
2013年版勝ち組投資マニュアルの詳細はこちら>>

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------
■第3章 トラリピで資産を増やす鉄則
〜もうひとつの収入源をつくる。初心者から上級者まで、トラリピ5 段階ステップアップ法〜

 

 

トラリピの鉄則T トラリピで資産を増やす心構え
【01】トラリピ運用だと儲かりやすい理由
【02】トラリピのみんなの儲かり具合を知る
【03】トラリピを始める心構えを知る
【04】トラリピの基本構造を知る
【05】トラリピ初期設定の基本ポイントを押さえる
【06】トラリピを始めるタイミング
   【 コーヒーブレイク】 相場の様子を見てるだけ〜はNG
【07】トラリピやってはいけない失敗例を知る
【08】証拠金10 万円のお試しトラリピ戦略
トラリピの鉄則U ヤバい時の対処法
【09】リスクを下げる方法
【10】超安全運転で本当に稼げるのか?
【11】為替レートが上昇した時に、追いかけて設定してよいか?
【12】為替レートが急落したら、どう対応すればよいですか?
【13】究極の下落相場対処法、打ち回しテクニック

トラリピの鉄則V リターンの増やし方
【14】リターンを向上させるテクニック
【15】利益ダブルでおいしいダブルバーガー戦略
【16】利益ラッシュが楽しいつるべ撃ち戦略
【17】法人/ 富裕層向けのトラリピ参考プラン
【18】『 せま割20』高収益モデルケース
【19】両建て戦略 〜両建てに適した通貨、適さない通貨〜
【20】ロスカットつきのレンジ決め打ち戦略
トラリピの鉄則W 通貨別攻略法
【21】トラリピの人気通貨・通貨別シェア
   【 コーヒーブレイク】 トラリピ運用も分散投資すべきか?
【22】通貨別の特徴がすぐ分かる為替王トラリピ指数
【23】【 豪ドル】収益性に陰りが見える最強通貨?(図表入りのページ)
【24】【 米ドル】歴史的安値の米ドルのトラリピ活用法(図表入りのページ)
【25】【 南アフリカランド】トラリピ高収益のランドも急落、2013 年どうする?(図表入りのページ)
【26】【 ユーロ】トラリピ戦略に厚みを増してくれる通貨?(図表入りのページ)

【27】【 ポンド】ショックな事実が判明したポンドの活用法(図表入りのページ)
【28】【 NZ ドル】大当たりした通貨、2013 年の展望(図表入りのページ)
【29】【 香港ドル、カナダドル】米ドルの代替通貨としての研究(図表入りのページ)
【30】【 スイスフラン】円高に流されない魅力(図表入りのページ)
【31】【 シンガポールドル】最も値幅の小さな通貨の活用法(図表入りのページ)
【32】【 ユーロ/ 米ドル】 シェア上昇中、人気の秘密と注意点(図表入りのページ)
トラリピの鉄則X リスク管理
【33】為替王オリジナル売買戦略シートの作り方(図表入りのページ)
【34】 戦略シートの使い方・実践講座
【35】自分にとって最適な売買戦略を見つけるシミュレーション分析
重要サポート情報
【36】トラリピの税金
【37】トラリピ専用税金対策
【38】トラリピのレバレッジ目安は?
【39】為替の最安値(円の最高値)、通貨別・年代別一覧(図表入りのページ)
【40】主要11 通貨過去20 年分長期為替チャート(図表入りのページ)

-----------------------------------------------------------------------------

 

2013年版勝ち組投資マニュアルの最重要章といえるトラリピでの資産を増やす鉄則になります。

 

2012年版でも解説されていますが、さらに突っ込んで具体的な手法が明快に説明されています。

 

マネースクエアジャパン(M2J)のトラリピについては、2012年は顧客全体の74%が儲かっているという調査結果があるそうです。

 

儲かるの程度の差こそあれ、この数値はすごいですね。

 

トラリピは、一度設定してしまえば自動でエントリーも決済も何回もやってくれますし小額からでも始められるというメリットもあるので参加している人が増えています。

 

では、だからといって誰でも利益をコンスタントに上げ続けることができるかというとそうではないはずです。

 

ここでは、トラリピの基本構造から利益を出し続けるコツそしていざという時の損切り方法まで詳細に解説されています。

 

あわててトラリピを始めるよりも、このマニュアルを読んでから始めた方が利益の積み上がり方は格段に違うと思います。

 

この章で印象的なのは、やってはいけない失敗例が最初に来ていることです。

 

典型的な失敗例が5つほどありますが、確かに知らないとやってしまいそうなことばかりです。

 

なので、今はいいけど知らないと後々に痛い目を見ることばかりということになります。

 

トラリピを始める前にこれら5つの失敗例を知っているだけでも今後に十分活かせると思います。

 

また、リスクの下げ方についてもしっかりと解説されています。

 

想定リスクや必要証拠金の簡単な算出方法もあるのでこれもかなり使い勝手がいいですね。

 

投資マニュアル全体に言えることですが、利益のまえにリスクや損失をどのようにコントロールしていくかがしっかりと説明されていることに好感が持てます。

 

やはり、投資というものは資産を増やすことも大切ですがトータル的にみて負けない体制を作り上げることがキモになるということでしょう。

 

トラリピにも積極的に利益を取っていくやり方と比較的安全性を考慮して利益を積み重ねていく方法があります。

 

どちらの手法についてもリスクとリターンをしっかりと計算できます。

 

どちらがいいか悪いかは問題ではありません。

 

それぞれのメリットとデメリットも記載されているので自分のスタンスを考慮していくといいと思います。

 

また、相場が急に下落したときの対処方法などについてもかなり参考になります。

 

含み損を増やすことになるので、適切な対処方法をしないと損失が膨らみます。

 

そして、いよいよリスクに対する対策を考えた上でリターンが望める設定についての説明になります。

 

あるレンジの中にあるときはトラリピは自動でエントリーと決済を行ってくれます。

 

しかし、思わぬ下落や上昇をしてしまった時には含み損を抱えることやまったくエントリーできないという事態になります。

 

これらをどのようにかわしていくかつまり、エントリーポイントをどのように見直していくかが非常に参考になります。

 

トラリピは全自動であることは確かですが、このような微調整をするからこそコツコツと利益を重ねていけるのだと分かります。

 

さらに、この章にあるダブルバーガー戦略は見ものです。

 

リスクを最小限にして利益を上手く重ねていく手法になります。

 

トラリピは少ない資金でも効率よく運用することもできますし、ある程度資産のある方はそれなりのリターンを望めるトレード方法もあります。

 

この辺の詳しい解説もこの章ではしっかりと書かれているので参考になるでしょう。

 

トラリピでは、豪ドル円の組み合わせがメジャーであり利益も出やすいです。

 

しかし、他の通貨についてもこの章では今後の展望や取り組む場合の注意点などもしっかり解説されているので勉強になります。

 

自動売買だからこそ知っておきたいリスク管理や利益の積み重ね方をしっかりと学習する必要があることが分かります。

 

2013年版勝ち組投資マニュアルの詳細はこちら>>

 

 

-----------------------------------------------------------------------------
■第4章 目からウロコ! 日経225 シストレで資産を増やす
〜株価が上がらないから儲かる。「逆転の発想」で勝機をつかめ〜

 

 

【01】日経225 で儲かっているのは本当か?
【02】日経平均株価、超えられない壁(図表入りのページ)
【03】日経225 取引の種類
【04】使用する口座、手数料・重要チェックポイント比較
【05】日経225 シストレの仕掛け方の基本
【06】日経225 シストレ、注文の出し方
【07】日経225 シストレ、リスクはどれくらい?
【08】日経225 シストレ用、リスク管理シート(図表入りのページ)
【09】日経225 シストレが生む利益の大きさ
【10】日経225 シストレの最適設定 〜今すぐ使えるマル秘データ公開〜(図表入りのページ)
【11】ロールオーバーとは?
【12】ロールオーバー基本戦術
【13】為替王オリジナル、利益を生むマル秘ロールオーバー戦術
【14】日経225 シストレ、失敗しないための注意点
   【 コーヒーブレイク】 強欲設定の具体例
   【 コーヒーブレイク】 株価暴落の対策

【15】税金について
【16】日経225 ミニと日経225CFDの違い 
【17】日経225 シストレ補足、よくある質問Q&A 
   【 コーヒーブレイク】 日経225CFD 業者比較
-----------------------------------------------------------------------------

 

ここでは、FXだけでなくもう一つ基盤を作ることを目的にした章になっています。

 

トラリピでの手法を日経225の取引でも役に立てようとすることになります。

 

では、なぜ日経225なのかということですよね。

 

そこについても、納得のいく説明がありますし今後の可能性も期待できることが分かります。

 

日経225の取引といっても、日経225先物・日経225ミニ・日経225CFDと3つありますがそれぞれの特徴とメリット、デメリットについても細かく解説されており分かりやすいです。

 

勿論、トラリピでは日経225の取り扱いはないので他社のシステムを使うことになりますが原理はトラリピと同じです。

 

限月交代という特徴があるので、完全にトラリピと同じとはいえませんがそれの対処方法や活かし方などはかなり参考になります。

 

損失を出しているけれどもそれを挽回する具体的な手法なども見ものです。

 

日経225についてもリスク管理や具体的な戦略そして必要証拠金の出し方なども細かく計算することができるようになっているので安心です。

 

思っているよりも小額で始めることができるので、トラリピで慣れてきたら日経225を試してみるのもいいかなと思います。

 

2013年版勝ち組投資マニュアルの詳細はこちら>>

 

 

-----------------------------------------------------------------------------
■第5章 これは投資の革命だ! 噂のバイナリーオプション投資法
〜今すぐ決着をつけたいあなたにオススメの必勝テクニック〜

 

 

 

【01】いま勝ち組トレーダーが使っている投資法とは?
【02】なぜ、バイナリーオプションが人気ヒット商品になったのか?
【03】バイナリーオプション 4 つの基本攻略パターン
【04】毎月どれくらい稼げるか? 求められる勝率は?
   【 コーヒーブレイク】 着実に資産を増やすのに必要な勝率は何% ?
【05】外為オプションに必勝法はあるか?
   【 コーヒーブレイク】バイナリーオプションの税金 3つのポイント
【06】BO の裏ワザ「勝ち逃げ」投資法
【07】BO 勝ち逃げ戦法の実戦例
【08】BO の疑問解決!お悩み相談!
-----------------------------------------------------------------------------

 

以前からプロ投資家では有名だったようですが、最近ではバイナリーオプションは一般向けにかなりオープンになってきました。

 

リスクも掛け金を失うだけという限定されたものなので、取り組みやすいというのもあります。

 

当然、その分だけリターンも最大2倍という上限はありますがリスクとリターンが確実に分かることもメリットの一つでしょう。

 

ある時点で値段が上がっているのか下がっているのかの2つに一つを選ぶだけなので勝率は単純に考えて5割となります。

 

5割だと勝ったり負けたりなので、収益が上がらないのではと考えられます。

 

しかし、この章ではうまく仕組みを使うことによりリスクを最小に抑えて利益を最大に上げるためのコツが解説されています。

 

勝ち逃げの法則というタイトルになっていますが、本当にその通りだと思います。

 

絶対に負けないというのではなく、負ける範囲を限定して利益を積み重ねることができるので結果的に利益が積み重なるのです。

 

この方法なら、バイナリーオプションでちょっとしたお小遣い稼ぎができると思います。

 

FX裁量トレード、トラリピの自動売買、日経225取引に並行してできる面白いトレードだと分かります。

 

2013年版勝ち組投資マニュアルの詳細はこちら>>